パソコンを使いこなすための豆知識

今日では必須のWi-Fiってどういう仕組み?

Wi-Fiの仕組みをわかりやすく説明しますと、無線でいろいろな機器を接続する技術のことです。
ここで重要なことは「無線」という点です。
「有線」のようにケーブルを使いませんので面倒な作業をする必要がありません。
例えばパソコンでインターネットを使う時にインターネット回線とつながっている必要がありますが、「有線」ですとケーブルを接続するのも面倒ですし、ケーブルを延長するのも限度というものがあります。
「無線」ですとケーブルの心配をする必要は全くありません。
無線の届く範囲であればどこにいてもインターネットを利用できます。

今の説明ではパソコンを例に挙げましたが、冒頭に「いろいろな機器」と書きましたようにパソコンだけに限ったことではありません。
タブレットやスマートフォン、ゲーム機、プリンタなども利用することができます。
ですから、リビングルームのパソコンに入っている音楽を自分の部屋で聞いたり、スマートフォンに保存した写真をプリンターで印刷したりもできます。
また、Wi-Fiに対応した家電であるなら離れたところから家電の操作も可能です。

このようにWi-Fi技術の進歩により家の中の電気機器が無線でつながることにより生活が便利になります。
ですが、今の段階では主な使い道はパソコンやタブレットまたはスマートフォンなどからインターネットを利用することです。
これらの機器からインターネットを利用するにはインターネット回線と接続している必要がありますが、そのためにはモデムとブロードバンドルーターという機器が必須になります。

モデムはインターネットとつなぐためのものでルーターは無線をつなぐためのものです。
最近のモデムにはルーター機能を搭載しているものもありますが、両方があって初めてパソコンやタブレット、スマートフォンなどがインターネットにつながることができます。

最近はポケットWi-Fiという言葉を聞くことが増えていますが、ポケットとつく理由は持ち運びができるからです。
ここで話が少しややこしくなるのですが、ポケットWi-Fiの仕組みはインターネットとつなげるための機器です。
それに対して家の中のWi-Fiの仕組みは家の中での無線のことですので勘違いをしないことが大切です。

ポケットWi-Fiはインターネットとの無線のことですが、Wi-Fiのメリットは持ち運びができることと自宅などに引いている回線と違い工事などをする必要がないことです。
反対にデメリットは容量に上限があることで上限を超えてしまいますと速度が遅くなります。
自宅に引いている回線は無制限の場合はほとんどですので違いをしっかりと確認してから契約することが大切です。
解約に際しては違約金が発生する場合もありますのでその点についても確認することが大切です。

自宅でWi-Fiを利用してインターネット回線を利用する場合は自宅の回線を使用することになります。
例えばスマートフォンをWi-Fiで使うならスマートフォンの通信を全く使わないで済みます。
しかも自宅の回線は無制限がほとんどですので通信量を気にする必要もありませんし、速度も気にする必要はありません。
ですので、インターネットやいろいろなものをつなげるにはWi-Fiは必須のものになります。
そのための機器を購入する際は性能などの評判をしっかりと調べることが大切です。