パソコンを使いこなすための豆知識

光回線とプロバイダはセットである

高速インターネットを使う場合は、光回線とプロバイダの両方が必要となります。
ユーザーの立場で簡単に考えるなら電話回線をイメージすると良いでしょう。
電話回線はNTTの前身である旧電電公社が独占していました。
電話を使う場合は電電公社の時代はユーザーに選択肢がありませんでしたが、通信の自由化が始まると料金支払いの手続きなどでやり取りする相手である通信会社を選択できるようになりました。
マイラインやマイラインプラスへの登録が促されたのがそれです。
光回線は旧電電公社の電話回線、プロバイダがマイライン登録をした会社に該当します。

通信の自由化がおこなわれる前は、電話回線を持つのも料金支払い手続きでやり取りするのも電電公社一択でした。
そのため特に年配者には、光回線とプロバイダが両方必要となる状況が分かりづらい面があります。
インターネット回線を引くというインフラ整備には莫大な費用がかかりますから、インターネット回線を持つ業者が独占しようとすればできることです。
しかしそれだと競争が起こらず、値段は高止まりし、サービス向上も望めません。
そのため、回線所有者でなくてもインターネットサービス提供者となれる仕組みができています。

現在は光回線業者とプロバイダがセットになったフレッツ光のような料金プランを選択することもできますし、光回線業者とプロバイダが別会社となっている契約を結ぶこともできます。
電話回線と異なり、光回線はNTT以外に電力会社やケーブルテレビ会社なども引くことが可能です。
通信業界に新たに参入した企業のほとんどが、顧客獲得のためにお得なキャンペーンをおこなっています。
そうしたキャンペーンを有効活用するのがおすすめです。

同じ光回線を使っても、プロバイダが異なるだけで料金やサービスが違うことが当たり前になってきました。
プロバイダによっては、スマートフォンや電気もセットで利用することで大幅割引きするところもあります。
料金やサービスなどの設定をするのはプロバイダです。
光回線業者はプロバイダに光回線を借用させ使用料を得ています。
ユーザーがやり取りする相手は通常はプロバイダです。
光回線業者は複数ありますが多くはありません。
プロバイダの数はかなり多いです。
プロバイダ間の競争は激しくなっており、ユーザーにとって好ましい状況が生まれています。
競争の結果提供されるさまざまな料金プランを見比べ、最適なところと契約するのがおすすめです。