パソコンを使いこなすための豆知識

光回線を知らずしてパソコンは活用できない

光回線のイメージ光回線はインターネット通信をするときに必要になるサービスです。
主にパソコンを使用してインターネットにアクセスするときに使う回線で高速の通信を行うことができます。
伝送媒体には光ファイバーと呼ばれる有線通信を採用しているので専用の工事が必要です。

これまでインターネットをするときには電話回線を使用して行っていました。
光回線を使用した通信サービスは電話回線よりもメリットが多く、電磁誘導ノイズの影響を受けないため通信品質が安定しており、高速かつ長距離の伝送も可能となっているのが特徴です。
盗聴もされにくいので安全性も高くなっているのが強みと言えるでしょう。

日本で使われ始めたのは1980年代で当時はLANに採用されていました。
80年代中期になると光モデムがアナログ回線モデムに変化して1本の光ファイバーで多数の通信を行えるようになり進化しているので必見です。
通信業界に革命が起こるのは2000年代でこの時光波多重通信を出来るようになり幹線部分が高速化しています。
多チャンネルの動画も高速に通信できるうえに品質が一気に向上しているのが特徴です。

現在多くの過程ではパソコン通信をするときにフレッツ光と呼ばれる光回線を使っています。
NTTが提供しているもので大容量の通信を高速で行えるのが強みです。
音楽から動画コンテンツまでスムーズに扱う事ができるのでパソコン活用の幅が広がりました。
通信速度は従来までのADSLよりも早く価格に関してもお得です。

さらにフレッツ光は光コラボレーションと呼ばれるものもあります。
通信業界に革命が送るほど安くインターネットを提供しているサービスでNTTが光回線の卸販売を行っているのが特徴です。
これにより多くの事業者が光コラボレーションを扱いワンストップで利用できる様になっています。

光コラボレーションは回線提供だけでなく独自のサービスもあるので必見です。
例えば携帯電話回線と同時に使うと割引をしてくれるサービスもありますので、自分にとって何が一番お得なのかという視点で、インターネット回線を比較してみましょう。
うまく活用することで毎月のコストを大幅削減できるのが魅力です。
通信速度に関しては光コラボレーションにより変化します。
また時間帯により速度が変化するので利用するときは評判を調べておくのが良いでしょう。

自社で回線を用意しているわけではなく借りているのが光コラボの特徴です。
今後のインターネット光回線は光コラボが中心となるので理解しておくと良いといえます。
NTTの設備を借りているだけに全国的に利用できる回線なので使い勝手も良いです。